社会人として大切なマナー

キャバクラでは、会話のテクニックや空気の読み方など、学べるポイントがたくさんあります。
中でも、社会人として大切なマナーを学べるのは、キャバ嬢の大きなメリット。
キャバ嬢の仕事は特殊と思われがちですが、昼職の仕事でも役立つような社会人の必須マナーを学ぶことができます。
お酒の席や、相手の話を聞くときのマナーは、実生活ではなかなか身につける機会がありません。
キャバ嬢は仕事を通して自然と社会人としてのマナーが身につくんです。

必ず覚えるべきテーブルマナー



キャバクラで働き始めると、まずはテーブルマナーを学びます。
キャバクラ初心者にとっては、テーブルマナーというと少しハードルが高いかもしれませんが、基本を押さえれば簡単です。
キャバ嬢のテーブルマナーは、お客様に快適に過ごしてもらうことが第一です。
来店したらおしぼりを渡す、使い終わったおしぼりは綺麗に整えるなど、細かいテーブルマナーがあります。
また、お客様のグラスに水滴がついていたら、ハンカチでさりげなく水滴を拭きましょう。
お酒の作り方にも、マドラーは左回りで混ぜる、割り物ではなくお酒から先に注ぐなどのマナーがありますが、ひとつひとつ覚えていけば大丈夫ですよ。